居酒屋の「お通し」は関西では「突き出し」と呼ぶ

スポンサードリンク       プライバシーポリシー



居酒屋のお通しを断る場合、会計の時になってから言っても修正出来ないこともあるので必ず初回注文時に言うようにしましょう。

居酒屋のお通しの料金ですが、これはテーブルチャージを取らない変わりにお通しを出しているというお店もありますし逆に、お通しの料金を取らない変わりにテーブルチャージを取っているお店もあります。

たいていは居酒屋のメニューのどこかに記載されているので、行った居酒屋がどちらで料金を取っているのかチェックしてみると良いでしょう。

お通しは、「突き出し」と呼ばれることもあります。関東では「お通し」と呼び、関西では「突き出し」と呼ぶようです。

居酒屋のお通しには、季節の料理やちょっとつまめるものなど様々な種類がありますが、前日に残ったお刺身を煮付けたものやそのシーズンの野菜(枝豆ウドなど)がよく出てきますね。


居酒屋のお通しを断るなら初回注文時に!

最近では、数種類の中から自由に選ぶことが出来る居酒屋もありますが、
このお通し断りたいと思っているお客も多いようです。

そもそも、お通しとは、居酒屋が客に対して挨拶変わりに出すことが多いのですが、中に嫌いな物が入っていたり、
美味しくないのに結構高い料金を取られる、などと色々な不満を持つ客もいるのです。

では、断ることは出来るのでしょうか。 現在は以前に比べてお通しの有無を聞いてくるお店が増えてきいますので
必要ない場合はそこで断ることが出来ます。 しかし、お通しの有無を聞いてこない場合でも、必要ないときは
はっきりと断ることが出来ます。 冒頭で伝えしたように精算時になって言うのではなく、断るなら初回注文時に断りましょう


SPONSORED LINK



居酒屋で「止まらない突き出し」を出す店

ところで、「止まらない突き出し」を出す居酒屋があることをご存知でしょうか。
テレビ朝日の番組でも放送されたことがあるこの居酒屋くいしんぼう」は、熊本県熊本市小峰にあります。

お通しの料金は420円と少し高いように思えるのですが、実はこの料金で沢山のお通しを出してくれるのです。
普通、居酒屋のお通しと言えば小鉢1品ですが、このお店では10品以上出してくれます。 お通しが必要ないという人でも、
これなら酒の肴として納得してお酒を飲むことが出来るのではないでしょうか。

この「止まらない突き出し」は、かなりのボリュームがあるため、食べきれずに持ち帰るというお客も多いようです。
熊本県熊本市に行った際は、この止まらない突き出しを出す居酒屋「くいしんぼう」
楽しいお酒を嗜んでみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク